11th JAPAN YARN FAIR & 総合展「THE 尾州」


image

尾州産地が危機的状況を打開するためには、繊・編物の高付加価値化・差別化をより一層進めることが不可欠です。

image

そのものづくりの原点に位置する「糸(YARN)」の担う役割は大きく、その「糸」を供給する川上の活性化は繊維産業全体の活性化につながります。

image

image

image

今回で3回目を迎える総合展「THE 尾州」では、尾州産地の各企業が自社の強みを発信する「尾州産地を考える会展示会」や「ジャパン・テキスタイル・コンテスト(JTC)2013優秀作品展」等を展示し、尾州産地「らしさ」やものづくりの魅力を発信します。
地域経済の援助、設備投資・ものづくり補助金など、新たなメニューを用意して地域を支えるとの、中央経済産業省製造産業局からのご挨拶もありました。
主催:公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター
共催:一宮市、愛知県繊維振興協会


カテゴリー: 岡本将嗣 Blog   タグ:   この投稿のパーマリンク