国道22号バイパス側道の、浸水・陥没?


image

場所は、22号バイパス岐阜方面に向かう両郷町と東小島の信号の間、平安会館一宮斎場の西あたりです。側道の歩道部分より水がふき出しているとの一報で現地に行きました。

image

最初は、水道なのか下水なのか、宮田用水なのか、それとも大江川からの逆流の水なのかわかりませんでした。 バキューム車両を導入して、原因究明開始しました。

image

image

歩道部分に大きな陥没が出来ており、水道管の破裂ではなく、どうも下水道管の損傷とのことでありました。この地区の下水は分流式であり、圧送ポンプで下水処理を行なっている区間でありました。 マンホールの東2m位のところで陥没が出来ており、管底はGLより2mほどと聞きました。原因は、管の老朽化によるものなのか地中内の砂の流出で管が損傷したのかわかりませんが、復旧作業が急がれるところです。 国道事務所・県土木事務所・宮田用水・市上下水道関係の方々が勢揃いで、今後の対策を検討されていました。 この件で、ケガ人が出なかったことが幸いでした。


カテゴリー: 岡本将嗣 Blog   タグ:   この投稿のパーマリンク