災害用備蓄飲料水「尾張の水」の販売


image

今年度も市が製造する災害用備蓄飲料水「尾張の水」を広く市民に販売し、大規模地震など災害時に備え、ご家庭での備蓄促進を図ることが販売の目的であります。
販売数量  1,000箱 (1箱 24本入り)
1世帯 10箱まで。
販売価格  1箱  2,400円(税込)
販売対象  一宮市在住又は在勤の方

先行申込み:平成25年7月1日(月)から7月10日(水)まで、ファツクス、電子メールによる。
ファツクス番号  61-4910
電子メールは、一宮市公式ホームページトップページのトピックスから。

通常申込み:平成25年7月16日(火)から8月30日(金)まで。ただし、土日祝祭日を除く午前8時30分から午後5時15分までとします。
詳しくは上下水道部計画調整課まで。


カテゴリー: 岡本将嗣 Blog   タグ:   この投稿のパーマリンク