平成26年12月定例会 開会日


今回の補正予算(案)は、名鉄玉野駅駐輪場に係る費用、防犯灯補助金及び防犯カメラ設置補助金の増額、御嶽山噴火により亡くなられた方に対する災害弔慰金、社会福祉事業団が市内時之島地内に建設を予定しているグループホーム建設用地の測量・登記委託料、平成27年度の小学校の教科書改訂に伴う教科書・指導書・教材費などのほか、国・県補助金等の決定や内定に伴います関係経費の補正、上半期の予算執行を踏まえ決算見込みを立てるなかで、各種経費全般にわたる過不足の調整、人事異動による人件費の減額を行うものです。

その結果、補正予算(案)の規模は、
一般会計で1億5,662万円の減額、
特別会計・企業会計で8億5,948万5千円の増額、全会計では、7億286万5千円の増額補正となっています。

次に単行議案の主なものは、「一宮市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例」の一部改正、「一宮市報酬及び費用弁償に関する条例」の一部改正、「特別職員の給与に関する条例」の一部改正、「一宮市公民館設置及び管理に関する条例」の一部改正、光明寺公園球技場メイングランド等改修工事の請負契約の締結について、尾西運動場改修工事の請負契約の締結に係る議決内容の変更についてなどであります。
なお、今会期中に追加提案を予定しているものに、職員の給与改定に係る補正予算案件、「一宮市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例」の一部改正、「特別職員の給与に関する条例」の一部改正及び「一宮市職員の給与に関する条例」の一部改正などがあります。

  今議会に上程されている議案に対し、慎重審議をして参ります。


カテゴリー: 岡本将嗣 Blog   タグ:   この投稿のパーマリンク